十和田湖ホステル 館主 田中光治
Towadako Hostel   Owner  Kouji Tanaka
towadakohostel@gmail.com
Tel 81+176-75-2870
skype ID tanakako2000      Line ID tanakako2000@gmail.com
          Towadako Hostel  Owner Kouji Tanaka

I have known about anything about this area .
50 years since I lived in Towada Lake, so please ask me what's going on.
While managing the guest house,working to lakeside  Japanese traditional craft shop "Yuzuriha"and Yuzuriha Oirase Branch owned Yoko Tanaka by my wife,
We are going back and forth to the hotel. If you need help,
call 0176-75-2870   towadakohostel@gmail.com

I like travel, when I was young, domestically, I rented a car around 30 countries abroad.
 I stayed at a foreign guesthouse and walked to Japan and Towadako,  but at guest houses like guest houses ... I believe that a reasonable accommodation with the motto of adequate advice and simple service that will be helpful to travelers is necessary, we have opened such an inn.

 
Since there are no employees, I must do everything by themselves. updating the homepage, cleaning rooms and toilets, shower room, kitchen etc. I am 70 age and 95 kilograms, it is hard work,  But Iwish to be a reasonable price.
私は、十和田湖に在住して50年、ここら辺のことなら何でも知ってますので、何なりと聞いてください。
ゲストハウスを運営しながら、直ぐ近くの家内の田中陽子が経営する、「暮らしのクラフトゆずりは」と今年出来た支店「奥入瀬店」手伝いで、クラフトショップとホステルを行ったり来たりしております。
そのため、宿が無人になることも多く、御用がある方、何かお聞きになりたいかたは、ホステルエントランスに電話を置いてありますので、お電話ににてお気軽に声を掛けていただきたいと思います。また十和田湖畔の本店は店長の川村友子に任せ家内と私は星野リゾート奥入瀬渓流ホテル前の「暮らしのクラフトゆずりは奥入瀬」店にも出ておりますので朝や夕方などは不在になることも多くてお客様に失礼することもあり申し訳なく思っております。
ホステルの電話0176-75-5870  Eメール towadakohostel@gmail.com
趣味は、旅行で、若いときから国内は元より、海外40約ヶ国をレンタカーで走破。50年間で5~60か国ほどは訪問したと思います。
左ハンドルを握り、あわや!という危ない目にも何度もあってきました。借りた車を擦ったりするのは毎度のことで、交通切符を切られお巡りさんにお世話になる常習犯。ガソリン車に軽油を給油したり、スリ、盗難、恐喝、ボッタクリバー、等々・・・
昨年チュニジアのサハラ砂漠をひとりで2週間旅行した時,悪路のためタイヤがバーストしてしまい。夕方でしたので、あわや朝まで孤独な一夜を過ごすことを覚悟しました。幸い通る車があり助けられました・・・・・これは余談ですが旅行者がハメられるありとあらゆる災難は、一通り体験してきました。
貧乏旅行で、外国のゲストハウスを泊まり歩き、我が国、十和田湖にも、慇懃としたお出迎えやお見送り、ベタベタとした、ご無理ごもっとも、宿泊客は神様です・・・・のような宿ではなく、旅行者の助けになるような、適切ななアドバイスとシンプルなサービスをモットーとしたリーズナブルな宿が必要だと確信し、このような宿をオープンしました。
従業員が居ないのでひとりで何でもやらなければなりません。フロント業務やホームページの更新、お部屋やトイレ、シャワー室、調理場などの清掃。70近い年齢と95キロの肥満体にはキツイ仕事ですが、スタッフを増やすと宿泊料金を上げるしかなく、リーズナブルで気軽に使える宿を目指すには、老骨に鞭打って自分でやるか、お客様にやってもらうしかなく、当館では、一部のサービスはお客様自ら動いてもらうシステムとなっております。
そのため、何かと行届かない点が多々ありますが、低料金を維持するために、ご協力いただき、ご容赦願いたいと思います。